ヨガで国際交流。

とうにブームではなく、社会現象として定着した感のあるヨガですが、私の周囲を見回すと、姉がインストラクターになろうかと悩んでいたのはこれから20年以上も前のことです。
最近では、会社員を辞めて海外でのヨガのワークショップに参加している友人や、娘の高校の教師も、退職してインドにヨガ修行をめぐってしまったり、といった、ヨガで人世が変わった人たちがいます。ボクは興味はあるものの、通っているクラブのスタジオでレッスンする程度でした。
だが先日、モルジブに滞在していたときのこと。リゾートでのほほんと過ごしているうちに退屈になり、毎日開催されているジムのイベントのヨガに、夫婦で参加することにしました。
タイ人のインストラクターによるワークショップには10名ほど、ヨーロッパの方が多く、アジアンは我々二人だけ。簡単なポーズという、メディテーション中心のワークでしたが、途中、心に思い付いたことを話す、という時間が設けられたのです。
世界各国の初対面の自身の前で、まさかの話し合いをする機会にビックリしてしまいましたが、ヨガという共通なものならではですわ、って感心しました。海からの風を感じながら、自然の中でのヨガは最高の癒しでした。
二ヶ月後、国内の旅行先のホテルのイベントで、又もやヨガに夫婦で参加する機会が。こちらは何やら盛んで、幾つかのポーズを組み合わせて、最終的には音楽にのせて完了する、ちょっとしたダンスという楽しいものでした。
靴が不要なので、旅先も気軽に参加できて、インストラクターを通じてアレンジが利くし、初心者も楽しめて、ヨガっていいな、といった再び思いました。
普段は体を動かすのを嫌がる主人も、一生懸命ポーズを維持していて、いい運動になったのでは?
これからも細々と続けていき、世界中で交流の役に立てたいですね。公式サイトはhttps://nozu.xsrv.jp/